車の修理依頼ならここ!徹底比較2017

Home > 車の修理に関する情報 > 車の修理内容によって決めることが大切です

車の修理内容によって決めることが大切です

車の修理には、小さいことから大きいことまであります。
その中で、修理の種類によって直してもらう業者を選ぶことが大切です。
例えば、タイヤがパンクしたくらいであれば、ガソリンスタンドなどで簡単に行ってもらうことができます。
費用としても、1500円から2000円前後となっています。
ちなみに、ディーラーに持っていくと2000円前後と少し割高になります。
そのため、多くの人がガソリンスタンドなどで気軽に直してもらっている傾向になります。
そして、ホイールの修理では状態によって異なりますが、部品代と交換工賃が必要になることがあります。
まずは、部分的な修理で穴をふさぐだけであれば、数千円で完了しますが交換となると部品代などを含めて見積もりを取ることが大切です。
相場としては、交換工賃が5000円から8000円が妥当といわれています。


マフラー本体の部品代としては、国産車用と外車用で変わってきます。
国産車用であれば2万円ほどが相場になりますが、外車用の場合は3万円ほどとなります。
ちなみに、ディーラーであれば新品を取り付けることが多いのですが、整備工場では中古品を使って安くあげることもできます。
そのため、比較的新しい車であれば新品のほうが良いのですが、経年車両であれば程度の良い中古品を使うというのも手です。
中古品となると新品の半額以下で入手できることもあります。
それ以外に、冬の時期に多いのが飛び石によるガラスの修理です。
これは、場所や傷の大きさによって異なりますが、リペアの場合は1万円から1万5千円ほどになります。
カー用品店でも行っているところが多いのですが、ガラス専門店のほうが安くできる傾向にあります。


そして、エンジンの故障などはできればディーラーで見てもらい判断することが大切です。
もちろん、整備工場でも修理を行いますが、ハイブリッド車などは構造を熟知していて技術力のあるディーラーのほうが安心です。
修理方法にはオーバーホールと交換があります。
オーバーホールとなると原因を追究して部品を交換することになります。
最近の傾向としては交換をすること場合が多いです。
費用としては、数十万円に及ぶことが多く、見積もりを取りながら検討をすることになります。
工賃としては10万円から20万円ほどかかり、それにプラスしてエンジン本体の代金が必要になります。
修理期間としては最低でも一週間ほど必要になります。
そのため、修理期間中に代車を貸してくれるかを確認しておくことも大切です。

次の記事へ

カテゴリー