車の修理依頼ならここ!徹底比較2017

Home > 車の修理に関する情報 > 車の修理も場所や店によっていろいろ変化

車の修理も場所や店によっていろいろ変化

車が事故などで損傷をした場合、あるいは車検で検査を通過させるためには修理をする必要があります。
その修理では実施する工場としてはディーラー、チェーン店、街の個人的な整備工場などいろいろあります。
一般論としては確実に修理を行ってくれるのはディーラーだといわれます。
これは新車販売も行っていてメーカーとしての信頼がかかってるのでいい加減なことが許されないからです。
しかし反面として確実に修理を行うために費用も高騰になるともいわれます。
しかしそのディーラーの整備工場ではすべての修繕する設備が用意されてるとは限りません。
エンジン関係などはその場で整備ができても、車体の傷関係になると設備がないために外注で対応している場合もあります。
他のチェーン店や街の工場などはディーラーに比べて安価になる場合もありますが、反面として仕上がり具合に甘さが出る可能性もあるとされます。


その車の車体の傷の修理になる場合は場所と傷の大きさ次第で費用も入場している日数も異なってきます。
バンパーを凹ませて損傷した場合などは今頃は基本的に新品取り換えが主流となります。
しかしその新品取り換えでは部品が納入されてからの装着となるので1日や2日で対処してくれるとは限りません。
部品が手元にない場合は取り寄せに時間がかかるために数日から1週間ほどになる場合もあります。
また車体そのものに傷が入った場合は基本的に板金修繕となります。
この板金修繕工事では凹んだキズの部分に機械を引っかけるための部品を一時的に溶接などして埋め込みます。
それに機械を引っかけて引っ張り出すなどの地道な作業を行います。
これであらかたの傷を引っ張り出すとそのあとはパーティーで表面の形を整える工程が待ち受けています。


そしてサフェーサーという塗装の下地を塗り、最後に塗装という作業が待ち受けています。
これをやらないと修繕していない場所との色の差が目立つので色の差をなくすためにも必要となります。
場合によればドアなどは新品取り換えする場合もありますが、今頃の車は部品自体も大変高価になるため、費用を抑えるために大変だけど修理で行う場合もあります。
なおドアの新品取り換えにしても新品そのものには塗装が入っていない場合があります。
そのため新品取り換えにしても既存の部品修理にしても、車体の傷を修復する場合は車全体の再塗装が必要になるので1週間から10日程度かかる場合もあります。
その修理に要する費用は傷の程度と場所次第で異なるので一概には言えませんが、安くても15万円程度、場合によれば30万円以上することもあります。

カテゴリー